外国人を採用する際の注意点 面接時から採用後まで

更新日:

深刻な人手不足に悩まされる日本の各産業。

また、人口減少・高齢化に伴い、国内需要だけに目を向けていては生き残っていけない時代になってきています。

そんな状況のなか、働き手の確保や企業のグローバル化に大きな力となってくれるのが外国人の労働者たちです。

2018年には、政府より外国人労働者の受け入れ拡大のための新たな在留資格の検討が発表されました。

今後、より多くの企業が外国人の採用を進めることになるでしょう。

外国人を採用する際の注意点を解説します。

採用前の注意点

在留・就労資格の確認

外国人を採用する際は、その求職者に「日本に在留する資格」「日本で就労する資格」があるかどうかに加え「在留期間」も確認する必要があります。

履歴書や職務経歴書など、通常の採用活動に必要な書類に加え…

  • 就労資格証明書
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書
  • パスポート

を持参してもらい、在留・就労資格、期間の確認をしましょう。

必要であればJLPTなどの日本語能力試験の証明書も持参してもらう様にしましょう。

また、資格によって許可される活動内容が異なりますので、就ける職種と就けない職種があることも理解しておきましょう。(手続きで変更可能な場合あり)

さらに、制限(就労時間の上限など)付きで就労が認められている資格もあります。

参考

在留資格一覧 - 入国管理局
就労を目的とするビザ - 外務省
外国人雇用はルールを守って適正に - 厚生労働省

採用後の注意点

文化や言語、商習慣の違う外国で生まれ育った人ですから、日本人以上に注意が必要です。

日本人同士なら可能な「空気」を介したコミュニケーションも外国人とは難しかったり、時間にルーズな人もいます。

外国人労働者を採用するデメリットを心得た上で、日本や自社のことを理解してもらう努力、そして会社全体で外国人たちに歩み寄る姿勢は欠かせません。

それを怠ると、労働力の確保・グローバル化への可能性・職場の活性化と言った、外国人を採用することのメリットを失ってしまう事にもなってしまいます。

コチラもどうぞ

外国人労働者たちと良きコミュニケーションを取る為に

外国人労働者を採用し、共に仕事をする上で、壁のひとつとなるのがコミュニケーションの問題です。 違う国で生まれ育った外国人労働者たちは、言語も違えば文化も違います。 コミュニケーションが円滑にできなけれ ...




-外国人の採用

Copyright© 外国人採用Tips , 2018 All Rights Reserved.