外国人労働者たちと良きコミュニケーションを取る為に

更新日:

外国人労働者とコミュニケーション

外国人労働者を採用し、共に仕事をする上で、壁のひとつとなるのがコミュニケーションの問題です。

違う国で生まれ育った外国人労働者たちは、言語も違えば文化も違います。

コミュニケーションが円滑にできなければ、彼らのポテンシャルを発揮できなかったり、場合によっては企業に不利益な存在となってしまう可能性もあります。

そんな外国人労働者たちと、良きコミュニケーションを取る為にはどうしたらいいのでしょうか。

外国人労働者とのコミュニケーションで困ること

求人メディアの【はたらこねっと】が、外国人労働者とのコミュニケーションについての有意義な調査レポートを公開してくれています。

彼らとのコミュニケーションで困ったこととして挙げられたのが、

  • 意思疎通がスムーズにできなかった
  • 日本人よりも細かい指示や説明が必要だった
  • 仕事に対しての価値観が違った
  • 時間に対してルーズな場面があった
  • 意見の主張が強い

でした。

やはり、言語と文化の違いによる生じる困難が多いですね。

また、JETROの公開資料「日本企業における外国人材の採用・活用の課題」では

  • 採用時の日本語能力の見極めが難しい(採用側)
  • 日本語特有の「語尾で全てを理解するコミュニケーション」を身に付けるのは苦労する(外国人材)
  • 留学生の採用においては、会話力は問題ないが、書く力が足りない学生が多い(採用側)
  • 文化や考え方の違いからか仕事上の誤解が生じる(双方)

など、コミュニケーションの課題・問題が挙げられています。

外国人労働者とコミュニケーションを取る上で工夫したこと

外国人労働者とのコミュニケーションについての有意義な調査レポートでは外国人労働者とコミュニケーションを取る上で工夫したことについても挙げられています。

  • ゆっくり話しながら実際にやって見せて説明する
  • 理解しているかを実際にやってもらって確認する
  • 分かりやすい言葉に置き換えて説明したり、ジェスチャーを交えてコミュニケーションをはかった
  • 日本語を勉強されているので、こちらもなるべく正しい日本語を使うことを意識した
  • わからない言葉は、書いてもらって後から辞書で調べるなどしてお互い理解し合うようにした
  • 自国の話も積極的に聞き理解を示す
  • 文化の違いをしっかり理解する
  • 対応など日本人と同じように接し、決して下に見ていないとアピールした
  • 外国人が日本に合わせるのではなく、日本人ももっと受け入れる国の文化や価値観の違いを学ばなければならないと感じています
  • 相手の国の時事ネタをチェックしておいて話のネタにする
  • 文化の違いでパワハラやセクハラに取られる場合があるので安易に冗談を言うのはダメだと思った

やはり、言語や文化の違いくる困難から逃げないという姿勢が大切ですね。

また、思わぬことがハラスメントになったりもするので、その点も注意が必要ですね。

外国人労働者たちの言語や文化を理解する努力と同時に、日本語や日本の文化を教える努力も必要になるでしょう。

JETROの公開資料「日本企業における外国人材の採用・活用の課題」では、コミュニケーションのポイントとして、

  • 採用時の日本語能力基準の設定と判断基準の設定
  • 海外大学からの直接採用の場合、日本語教育だけでなく日本の商慣習やビジネスへの理解が定着率を左右する
  • 入社後に外国人材にストレスを感じさせない語学育成体制が取れているか
  • 孤立しやすい外国人材をフォローするメンター制が定着に向けた取り組みとして効果的
  • 日本人特有の「あうん」で通じるコミュニケーション能力を外国人材に求めない
  • 行動の反省や結果を導くための具体的かつタイムリーな伝達
  • 明確な目標・質・期日に対する事後の成果の判断
  • お互いの意識の共有をしながら業務を進める(価値や基準が異なる相手と業務を進める上で必須)
  • 外国人材の「大丈夫」は「大丈夫」ではない(おせっかいなくらいコミュニケーションをとることも必要)
  • フォーマルなコミュニケーションも必要だがインフォーマルなコミュニケーションも重要

が挙げられています。

親睦を深めるコミュニケーションのコツ3つ

上述してきたのは主に「仕事上でのコミュニケーション」でしたが、それより一歩進んで、親しくなるコミュニケーションのコツを紹介します。

異国の地に働きに来ている外国人の方が疎外感を覚えないために、よりパフォーマンスを発揮できるために活用して頂けると幸いです。

笑顔

笑顔は万国共通です。

文化も言語も違う、初めて会った外国人にだって、こちらの気持ちが伝わります。

世界から見て日本人は「真面目」というイメージが強い為か、無表情な印象を持つ外国人も少なくありません。

だからこそ、こちらから笑顔で接すれば良いコミュニケーションがとれます。

その国の文化に関心を持つ

日本人だって外国人だって、関心を持たれて嬉しくない人なんていません。

その国の文化、その国の有名人や最近流行っている物事などの話題を持ちかけるのです。

相手からしたら外国人の口から馴染みの言葉が出て来て、驚きながらも喜んでくれるはずです。

その為にはある程度のリサーチが必要な場合もあります。

世界的な文化の話題を

例えば、

  • 世界的な有名人
  • ヨーロッパのサッカー
  • アメリカのドラマ

など、世界中の人が注目している文化ってありますよね。

言語も文化も違う外国人と同じ話題を共有できたら、心の距離が縮まりコミュニケーションが深くなります。

「郷に従ってもらう」では何の発展もない

先日、アメリカ・カリフォルニアで働く日本人ITエンジニアのブログのバズった(SNSなどで広く拡散されること)記事にこんな言葉がありました。

投資や連携といってもバブル崩壊以後経済成長できていない我が国はもはや「商習慣だけめんどくさいのに今やカネも持ってないから相手にしてられない連中」というのは肌で感じます。
出典:新規事業をひとりで作るノウハウ - 怠惰を求めて勤勉に行き着く

ITの分野だから特に顕著なのかも知れませんが「もはや取引相手としても日本は魅力がなくなってきているのか…」と危機感を覚えずにはいられません。

そんな現状の日本で、外国人労働者に対して「郷に従ってもらう」では何の発展もないという事です。

上述した様に、外国人労働者とのコミュニケーションは言語や文化という壁があります。

しかし、謙って外国人労働者たちから学ばなければいけないのは、世界のスタンダードに合わせたアップデートを迫られているのは、私たち日本人の方ではないでしょうか。




-外国人の採用

Copyright© 外国人採用Tips , 2018 All Rights Reserved.